基本の話から応用の話まで

テレビ・ラジオ放送技術者の仕事について

テレビ・ラジオ放送技術者はテレビやラジオの放送にあたって、映像や音声を用いて番組やCMを制作しスケジュール通りに電波で送信したり、放送の高度化に向けた技術的開発を行います。
仕事は大別すると制作・送出・送信・研究開発などに分けられます。
制作では、番組制作の監督役であるディレクターの指示を受け、スタジオや中継車を基地とした野外のイベントなどにおいて、カメラ・マイクロホン・VTRなどの機材を駆使して、番組制作に携わります。
技術部門の責任者であるテクニカルディレクターの指示のもと、カメラを使用して撮影を行うカメラマン・マイクロホンで音を録音する音声・カメラの映像を切り替えるスイッチャ-・音声の調整と録音を行うミキサー・照明など様々な技術者の共同作業で、一つの番組を制作します。
送出では制作された番組やCMを決められた順序に従って、送信所や系列の放送局に送り出します。
放送事故が起きないように放送機器の点検と整備も行います。
送信では、送信機やアンテナを操作して放送電波を発射し、各家庭まで送り届けるのです。
無線技術についての専門知識を持つ技術者が鮮明な映像、雑音のない音声があまねく全国の世帯に送り届けられるように常に必要な調整を行っているのです。
研究開発では、デジタル化などITの急速な発展に対応すべく、新技術や機器についての研究開発も行っています。
入職するには新規学卒者の場合は、主に工学系の大学あるいは高等専門学校、電子通信・放送系の専門学校などを卒業し、放送局に採用されます。
カメラマンやミキサーなどはプロダクションに所属することもあります。
中途採用の場合は一部の民間放送局において、中途採用を行うこともあります。
また番組制作会社やプロダクションにおいて、経験者の採用をすることもあります。
放送技術者として採用され、1ヶ月程度の教育で、放送局全体の設備構成や放送技術者が担当する仕事の全容を理解するのです。